Ozobotプログラミング教室の体験

NPO法人SOMAの活動拠点「あこ」で小学生向けプログラミング教室を行うということで、ゲーム大好きプログラミングに興味ありの息子を連れて、参加してきました。

プログラミング教育って

2020年度より小学校におけるプログラミング教育が必修化されようとしています。といっても、プログラミング言語を覚えるのが目的ではないし、正確なプログラミングの組み方を学ぶ訳ではなく、論理的な考えを積み上げることが本来の目的です。といっても、私が高校生の時には数学にBASIC言語があり、授業では扱われなかったですが、あれも立派な論理的な思考を積み上げる科目だったのですが、いつの間にか消えてしまいましたが。。。

Ozobot

今回のプログラミング教室は、Ozobotという小さなロボットを利用したものでした。

パソコンやタブレットがなくても、紙と線があればプログラミングが可能な工夫がされていて、そこから導入が始まれば、プログラミング=パソコン的な発想から脱却できるかもしれないなと感じました。

色の組み合わせで命令して、その通りにロボットが動くので、こういうことがプログラミングの本質なんだと理解できる工夫がされていてよかったです。幼児でもやり方次第では理解できるので、とってもいい教材だなと。小学校低学年の息子もペンとシールを駆使して、いろんな動きを作り出していて楽しんでいました。

が、タブレットを使ったプログラミングもやってみたいと言うので、ちょっと無理をいって高学年向けのプログラミング教室にも飛び入り参加させてもらいました。

ブロックを組み合わせたプログラミング

ブロックを組み合わせたプログラミングといえばSCRATCHが有名です。画面上で動かせ、無料で配布されているので利用しやすいプログラミング教材ではあります。今回のOzobotもSCRATCHと同じような形で、ブロックを組み合わせたプログラミングを作成し、ロボットに読み込ませて動かすことも可能です。

SCRATCHと違って、目の前にある実物がプログラミング通り動く楽しさがありますね。子どもたちの食いつきが半端ない。息子もどっぷり集中して合計2時間半取り組んでいました。

Amazonでも購入可能のようですので、興味のある感度の高い保護者の方はお子様に進めてみてはいかがでしょうか。教室に通わせるなんてもったいないです。教材を与えて適度にやらせていたら、子どもは大人の理解をどんどん飛び越え予想しない速さで吸収してしまいます。大人から見たら必要にないコマンドを組み込みます。息子は必ず自分なりのアレンジとして意図的に「とても速く進む」プログラムを組み入れていました。どうして?と尋ねたら「ロボットが素早く動いて作ったプログラムが正しいか間違っているかを待つ時間が短縮できる」だそうで。「ほー」と感心しながらも、小学校の現場だったらスルーされるか摘み取られやしないかと少し不安にもなりました。プログラミングって正解は1つじゃないし、自由な発想でチャレンジするものだということを教育現場が飲み込めるかが課題になりそうですね。

 

“Ozobotプログラミング教室の体験” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です