サッカーを通じた学びの機会もありではと?

ワールドカップカップサッカーのRound 1が終わり、本日よりRound 2が始まります。Round 1の最終日に日本戦がいろいろ物議を醸しだす試合をしたことで、ネット上では意見が盛り上がっています。

our.love.footballさん(@our.love.football)がシェアした投稿

こんなところから学びにも繋げたらいいのではないかと。。。

良い・悪い論をやめて、最適解な意見を考える。いろんな立場で、いろんな意見を考える。そんな機会にすると学ぶのが楽しいのかなと。

結局はとても残念な試合となり、茶番に変わった

最後の5、6分は…。両チームとも下がり、ボールを奪おうとしなかった。本当に残念な結末だよ

本当に最後の10分は恥ずかしいような展開だった。ワールドカップでは見たくなかったし、茶番だよ

などなど、否定意見。

自分たちが勝者だと胸を張っていい。

選手に少し下がるように指示するのは、決して間違った判断ではない。

など、賛成意見。

いろんな記事やら意見を見ていて感じたのは、どちらも正しい。

否定派の多くは、サッカーという試合を見ていて、とてもつまらない。他の試合結果に身をゆだねるのはナンセンスという点で述べています。

賛成派の多くは、チームが勝ちあがる戦術だった、レギュレーションを見てあの判断をしたという点で述べています。

お互いの立場が異なるので、何が正しいが正解というわけではなく、どんな立場の人間が見て、どう感じるのかという点で見れば学びにつながるのかなと。

自分が両チームとは関係のない、第三者的な立場で高いチケット料金を払って、サッカーというスポーツエンターテイメントを観戦していたとしたら、怒って当然なのかなと。自分もテレビで見ていましたが、途中でコロンビア―セネガル戦にスイッチしましたから。ゲームとしてはつまらなかった。それは間違っていない。

が、自分がチームを任された立場で、ベスト16が見えており、試合途中にFWが1名ケガによる交代を余儀なくされ、相手は積極的に1点を取りに来るわけではなく満足している状態で引き気味、攻め込んでカウンターされて失点したらアウト、カウンターされてファールで止めても警告もらうと危険、だけど現状が維持されるなら突破できる。ただし他会場で動きがあったら御破算。感情論ではなく、確率論で言えば、引くことが一番確度が高かったので、それを選ぶという判断ができるのか。もし、失敗したら。。。自分なら躊躇するかなと。

また、自国のことだから、こう冷静にいろいろ判断できるけど、他国が同じ状況で突破したら、自分はどう発言するのだろうか。など。

ハリルが監督で、同じことをやったら、同じような擁護の意見が出ているのだろうか。自国のメディアがもっと叩いたりしていなかっただろうか。とか。

いろんなことを考えるきっかけがあるのが、今の世の中。スポーツは分かりやすいから、多くの人が意見を言える。

マラドーナの神の手だって、イングランドワールドカップの決勝戦のゴールだって、たくさんの議論を巻き起こすのがワールドカップの醍醐味です。90年のワールドカップまでは、バックパスでキーパーがキャッチしてプレーが進まないことがあったんだし。98年のワールドカップではゴールデンゴール方式で延長戦がゴール決まったら打ち切りだったことだって。いろいろ議論が巻き起こり現在のサッカーが成り立っているわけで。各国クラブのサッカー事情に目を向けたら、ボスマン判決以降、世界のサッカー界は大きく変動していったって歴史もあるんだもの。

どちらが正しい・何が正しいなんてなく、次はどうしたらいいんだろうか。自分だったらどうしているだろうか。いろんな事を考えるきっかけになればいいなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です