調査書が電子化へ

高校の調査書が電子化へとニュースになっていますが、「調査書」って?の方も、いらっしゃると思うので、ちょっと紹介しておこうかと。

http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/5010
https://mainichi.jp/articles/20190428/k00/00m/040/182000c?fbclid=IwAR2TLyU7NLIjVNueqAsTYtihhQkOihvvf8F4RSg6NI7GOWsmVdJqY6up7co

調査書って

高校卒業時に大学受験をする先へ送付する書類のことです。内申書といったほうが理解がしやすいのかもしれませんが、正式には「調査書」。文部科学省の大学入学者選抜についての入学者選抜実施要項に様式が紹介されています。A4用紙の2枚分に高校生活の記録を集約し、学校が発行するものと考えてもらえればいいですかね。

現状では、 紙面スペースの関係もあるのか、「全体の評定平均値」と「学習成績概評」といった学業成績の部分が重視されがちです。(現状の高校生が理解してないので、評定値の算出方法ぐらいは自分ことのために知っていてもらいたいですけど。)電子化に伴い、20年度から枚数が無制限へと変更され、評定値に代わって「生徒の態度」を評価していこうという流れです。

文科省が進める大学入試改革では、受験生の「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」も測るよう各大学に求めている。そのために調査書の活用を広げようと、(1)各教科・科目や総合の時間などの学習(2)行動の特徴、特技(3)部活動、ボランティア活動・留学経験・海外経験(4)資格・検定(5)表彰など(6)その他―といった項目ごとに欄を分けてより多くの記載をできるようにするなどの見直しをする方針だ。ただ、調査書を作成する高校教員の負担の重さも指摘される。大学からも、限られた期間で受験生の調査書を読んで、公平性を保ちながら選抜に活用するのは困難という声が出ている。調査書の電子化によって、高校側は記入しやすくし、大学側も多くの受験生の記入内容を入試で比較しやすくする狙いがある。

高校生新聞ONLINE 
2019.03.18 「大学入試で提出する調査書 2022年度に全面電子化を 文科省方針」
 

教員だけに任せられるはずもなく

高校3年間で、教員の力によって、個々の生徒の(1)~(6)の記録がすべて隈なく残されていく……なんてことは、厳しいと。彼らの生活の一部分しか知りません。考え方の変容や、学外での活動なんかは、自分で残すのが普通だと思うわけです。もちろん、文科省もその方針です。

文科省の委託を受けた同大など8大学が開発し、17年に開設されたサイト「ジャパンeポートフォリオ」との連携も模索する。同サイトでは高校生自らが、生徒会や部活動に加え、自主的な調査や論文、災害ボランティアなど校外の活動記録を登録。記載内容が事実かどうか教員が承認する仕組みとなっている。調査書にサイトへアクセスするリンクを張り、大学側が調査書の内容を詳しく確認することができるようになる見込みだ。

毎日新聞
2019年4月29日 「大学入試の調査書電子化へ ボランティア経験など記載 高校生自ら登録も 文科省」

と、なっているわけです。生徒・保護者の立場であれば、このような動きを知っておくか否かで受験機会に差がでてきます。学校側がポートフォリオの基盤を整備しているのか否か。自分で記録を取らなければ、他の誰も自分の記録は残してくれないことを理解しているか。もちろん、虚偽の記録など人物を見られたら嘘だとわかりますので、自主的な活動を通して高校生活でどう成長してきたのかを実践しておくことも必要です。これらは、学校や教員任せだけではどうにもならないことでもあります。

学校側は、全てを書こうとするのではなく、生徒が記録するべきところは任せ、基盤をどう整備していくのか、調査書の文章表現をどうしたら伝わるものへと昇華できるのか。生徒1人1人と向き合って、彼らの変容を見つめる・サポートするように変化していかないといけないのでしょう。

PC環境が整っていないとかは論外(と言いたいけどアヤシイのが学校の怖いところ)ですが、教員のICTスキルアップも大きく関わる問題なのかなと。会社勤めしてときは、エクセルとかパワポとか当然使えないといけない(使えなかった人っていたのかな?)し、出退勤の登録や自己評価シートの入力、給与明細の取得、手当の申請などはブラウザだったけど、できなきゃ自分が困るだけなので必死に覚えたし。そういった意味で、教員ってICTに関わる部分って何か足りないところもある気がする。

どうこう言っても仕方ないので、電子化に向けての教員がスキルアップする時間をどう捻出していくのか、学校が問われる課題は大きいなと。学校もICT関係は早く外部の力を入れるように開いていったほうがいいなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です