親友のこと

HeroMakersに参加したときに、「哀」について思い出して共有する機会があった。その後も、この件について引き出しが開いて、自分のやりたいことに1つの欠片はこの件によるもんなんだろうと感じたので、ちょっと書いておきます。忘れないためにも。ここで文字にしておこうかなと。

大親友なヤツがいた

中高一貫校育ちだったので、長い付き合いの友達がおります(高知に移住したもんだから、みなさんと疎遠ですけど)。そんな中でも、ボクといつもセットでいたと思ってもらえてる親友がおりました。変に熱血感のあった彼が。

高校卒業してから、大学進学して、ボクは講師したり予備校講師をしたりして、ノホホンな生活をしてました。彼は大学院を卒業して、新卒で某企業に勤めることになって、新規事業である実験教室に配属って流れになって。んでもって、彼は人を理科の詳しいヤツを探していて、白羽の矢をくれたわけ。んでもって、そこにjoinすることになって、同僚として働いてました。気が合うし、ちょっと無理しちゃったりして叱られたりもしたけど、気の知れた彼がいたからシンドイことも向き合えたのかなと。今思えばだけど。

軽い感じでの報告

企業に勤めてたら、健康診断とかあるわけで、彼はその何かの数値が異常値だったわけです。で、他にもちょっと変だなーってところがあったみたいで、上司から「明日、病院行ってこいって言われたから行ってくるわー」って感じだった。で、次の日、休みの彼から外線が掛かってきて、「いま、病院。緊急入院しなきゃいけなくなった。あとよろしく」みたいな感じ。たぶん、上司への連絡より先に電話くれたんだと思う。頼りにしてたのがポッカリ空いちゃったんだけど、まぁ、なんとかやりくりして。で、彼の受け持ってた教室へ異動してってことになって、彼の幻影と戦う毎日。(胸やけするぐらい)熱い彼だったので、子どもたちからも保護者からも信頼が厚いわけで。とにかく、対話して「彼とは違うけど、意志は同じ方向のボク」を理解してもらうのに必死だったかな。でも、今思えば辞めちゃった子もいたんだろうな。最低限での信頼は得られたと思うけど。

関わり方は変えられないよ

で、何年か経過して、だいぶいい方向に向かってきた様子だったので、入院先に押し掛けることに。あえて彼の31歳の誕生日に。「アラサー男子が誕生日に押し掛けてごめんよー」って感じで、男子校のころを思い出してどーしよーもない話をしてたり、震災の後だったから、病院すげー揺れたんだよね?どうだったん?とか不謹慎とか言われちゃうようなことも話してたっけ。あっというま。2時間ぐらいただ話してた。退院できそうってことだったから、退院してきたら教室に来て2人で子どもたちの前に立ってサプライズしないとねーって軽い気持ちで言ってた。夏には退院して、スタッフには会いに来てくれて、でも再発して、秋口には悪化して。もうこれはダメかもって連絡がきて、最後に会いに来てほしいって連絡があって、職場のメンツで押し掛けて、うなずくしかできなくなってる彼のを握りながら「オレの手じゃなくて、かわいい後輩の柔らかい手がいいじゃろ?」って。ちょっと笑ってくれたよね。ボクはそう信じてる。記憶の中で覚えてる彼に伝えた最後の言葉。減らず口たたけるのもこれが最後なんだろうなって覚悟してたし、いつもそんな感じだったじゃん。「最後のわがまま、許して」って。

その1週間後。土曜日だったかな。ホントは有給休暇とる予定だった。同級生の結婚式に列席するために。ほかのメンバーの関係もあって、午前だけ実験教室の実習に行くことになった土曜日。彼が最初にいた教室。朝8時半から勤務。その前にマクドナルドで朝マックしてた8時ごろ、彼のお父さんから訃報のメール。不思議と涙が出なかったんだよね。出せなかったのか。彼のこと知ってるスタッフがいたし、この件は今日が終わってから伝えようって上司にも相談して、何もなかったかのように実習してた。「キミならできるよね」ってことでしょ。試練ってやつでしょ、知ってた。だからやってた。そのあと、同級生の披露宴の余興で歌ってたし、二次会の乾杯の挨拶もしてた。涙なんか流さずに。でっかいお返しくれたんでしょ。そのあとのことはよく覚えてない。次の日も実習があった気がする。彼が立ち上げた教室で。スタッフは朝から泣きそうだったけど「彼はそんなやつじゃないからさ」って気持ちを押し殺して。で、先に彼の待ってるところに行かせてもらって、長い時間、ボクから一方的に話してたっけ。闘病中の話なんて1つも教えてくれなかったから、彼の家族からいろいろ聞かせてもらった。ずるいよね。でも、カッコつけてたからそれでよかったのか。

で、毎年、思い出しては少し涙して、「あー、声が聴きたいなー」とか「すげー愚痴言いたいんだけど」って思ってて、タイミングがあうと夢の中に出てきてくれるんだよね。最近出てこないけど。

「やる」ってことだね

で、HeroMakersに参加して「哀」のトピックスで思い出しちゃうわけ。で、彼のやってた保護者との距離感とか思い出しちゃうわけ。いいやつだな。やれってことでしょ。子どもの学ぶ環境を整えるためにも保護者ともコミュニケーション取れってことでしょ。あんときから笑い話で「2人で、寺子屋みたいなの作りたいよね」って言ってたもんね。あのニュアンスって、彼らの学べる環境を作りたいってことでしょ。遅くなったけど、やっと思い出せた。あのとき、2人で学校の外から見てた学びの環境の足りてないなーって感じた部分を補う何かを、だいぶ遅れちゃったんだけど、ちょっとずつだけどやっていくよ。保護者も含めて子どもを学びにつなげていく感じ。忘れてたわけじゃないんだけど、子どものこと全力で考えてた彼もボクもきっと大切にしてたことをもう一度認識しておくね。

HeroMakersBootCamp

「異端x先生の化学反応で起こす、思い込みの壁壊しパーティ」が高知県で……って、これはもう参加するしかないでしょ。わたし、だいぶ異端な自覚あったし。

スーパーティーチャーとか、名物先生とかの単なるヒーロー養成講座だったら、興味持てなかったはず。でも、やることは「HeroMaker」。ヒーローを生み出す何者かになるためのプラットフォーム。超長期的で広域的に生徒の学ぶ場づくりしたい自分にとってもいいんじゃないって直感があったわけです。

【公式】Hero Makers(ヒーローメーカーズ)

次世代のヒーローを育てる教育者を!Hero Makersとは、学校や教育を変えたいという熱意を持った教育者のための超実践型ヒーロー養成プラットフォームです。

内容はこちらを見てもらったらいいわけで

とにかく濃ゆい3日間

人生の中でも、これほどまでに濃密な3日間はなかったかな。ひたすら手と頭を動かして、対話して、英語も駆使して、何度も何度も「あなたは何がしたい」を問い続ける感じ。 白川寧々(ねね)と瀬戸昌宣(まさ)の見守る中で、 思い描いては消えを繰り返す。そして、次の日の宿題のために毎日夜中まで考えて考えて考えて……(宿題って大変だなって生徒の気持ちにもなれたのかな)

アイデアを発散しては収束させ、なんどもなんども繰り返していく過程で(しかも英語で行うからこそ)自分は本当に何がしたいのかが客観的に表れてくる感じ。言葉で表現したものが、ホントにしたい気持ちとは少しずれていて、それを追い求めていくプロセスがとてもワクワクした。アントレプレナーシップって働く人がもっていたほうがいいものであって、企業勤めしてたときも、仕事の中でプロセス回すことにつながって楽しかったっけ。学校ってフィールドでも同じだよね。先生もやったほうがいいよねって、改めて実感できた。

Startup Pitch

3日目は参加者がそれぞれプレゼン。基本英語で。夜中の2時半ぐらいまでかかって準備してたかな。頭が冴えるというか、ものすごいconcentrateできた感じ。

教員だってただの人
やっぱり保護者と教員が3rd placeで対話することで解決すること多いんじゃないかなって

やりたいことは、保護者と教師のコミュニケーション不足を解消したいって部分というか、「先生って人間だよ」って社会の人に知ってもらい、先生は「今までちょっと偉そうだったかも?!テヘペロ!」な感じで、社会に出てきてアピールしようよって。そうしたら、お互い「人間」としてコミュニケーションが取れて、子どもたちの学ぶ環境を再整備できるんじゃないの?ってホントは壮大な夢があるんだなって。

モンスターペアレントとかきっと幻想であって、教員側の想像上の生物な気がするし、ちょっと強めのクレームが出ちゃうのは、保護者(社会)サイドから見ると、先生って人間とは少し違うセンセイって生物みたいに見えてて、強くいっても心が痛まない状況になっちゃんてるんじゃないのかなって。単なるコミュニケーションのロスから起こしている勘違いワールドの小競り合いなんじゃないのって。

プレゼンのスライドも、学校やお役所仕様の文字沢山で見たくもないイケてないスライド禁止って最初っから指示してくれるから、こっちは楽しんでやれちゃって、だいぶ遊ばせてもらいました。

プレゼンスライド① 教員が想像するモンペ像(仮)うけた
プレゼンスライド②保護者は教員をこんな感じで……
プレゼンスライド③いや、そんなのだぶん空想だから

内容はしっかりやってるんですよ。ちゃんと、欲しい数値が無いかを調べてみたら、そんなデータも出てきて、直感的に感じていたことが客観的にもイケてるってなるもんだなって気づけるキッカケになったし。プレゼンってとても楽しいって再認識できたかな。

とりあえず、いったん吐き出してみることで、次のアイデアが10個ぐらい生まれてくるわけ。自分軸を客観視してから取り組んでたからブレないので、ポコポコと生えてくる。キャンプは終わったけど、これから始まるんだなってワクワクしかない状態です。あの場にいた Hero Makers が、化学反応起こしあって、何かができていく気がしてならない。「自分もやれる」って客観的に自信がもてたわけで。ここに来るまでに、出会った人たち(もちろん生徒も保護者も)、時間と場所を共有した人たち、KSBで100人カイギで話せた経験やその後のイベントを開催できたこと、全ての出会いに感謝だなって。よし、やるぞっと。

We Are Hero Makers !!!

誰に気づかせるのか

GEG Kochi のGoogle認定イノベータープログラム報告会に行ってきました。愛媛から参加された先生による高知での報告会。報告会の内容は、ちょっと置いといて、ふと思ったことをいくつか。

地方こそICTを

これ、ホントに感じています。物理的な距離を無効かできるツールであるのに、使えない状況が多いわけで。先日、都内の某社で行われた Maker教育やSTEAM教育の交流会に行ってきたんですが、そこでも同じことを言われました。なぜ、地方の学校こそ使わないのだと。

使う必要性を認知できていない

これは、地方と都市部を行き来して感じてきていることですが、地方だとPC使えなくても仕事できちゃうケースが多いんですよね。都市部だと使えないと仕事できない人扱いされますので。何をするにしてもPCスキルは必要……というよりもスライド作ってプレゼンすることはどこかで必要に迫られることなんだろうなと。地方はできなくても大丈夫案件が多い。だから使う必要性をいまだ認知できずの環境なのかなと。

生徒の周囲環境として、PC使える人(素早くタイピングできるとか、簡易資料を素早く作成できるレベルのことです)がフツーにいるのか、珍しい存在であるのか。そのあたりは、見えてない環境差なのかと感じています。「あー、あれフツーに便利に使えるし、簡単じゃないか」と思える環境なのか「特殊な人が使っている珍しいものではないか」と誤認してしまう環境なのか。

だからこそ「怖い」と感じる

都市部の人は使ってフツーなんですよ。そこから先に、何ができるかの世の中です。目に見えない部分で「ひのきの棒」を装備してるのか「はがねの剣」を装備しているのかの違いが出ている気がしてます。装備が見えていないから成績が同じように見えても、ステータスのパラメーターが違ってたりするんじゃないかと。全力出して成績が同じぐらいに見えてんだけど、実は相手は6割ぐらいの力しか出してなかった成績と比較してたような感じで。しかし、そこに気づいていないのではなかろうかと。先生も生徒たちも。ここはエビデンス見つけたいところだけど。

学校は誰のもの?

ある参加者が「学校は、生徒が顧客で、先生がそこに属する労働者」という視点を投げかけてくれたときに、自分のスタンスが生徒の方ばかり向いていたので、ちょっと立ち止まって考えています。学校の枠組みで考えるとき、誰の方向へアプローチする選択肢があるのかと。

会社は、出資者(株主)がいて、それに対しては成果を見せないといけない。利益という成果であれば、顧客から売り上げを、労働者は工夫して利益率を。簡単にいうとこんな感じになるのかな。

学校だと、顧客は生徒(もしくは保護者)であり、労働者は教職員、出資者は誰になるんですかね。公立だと自治体、私立は理事会か。

学校の枠組みで考えると、登場するのは「生徒(保護者)」「教職員」「自治体(=地域の人)・理事会」ぐらいに分けられるのかなと。

ということは、ICTが必要であることを気づかせるためには、これらの人たちにそれぞれアプローチをする必要があるのかもしれないなと。ボクの中では、生徒が気づいていない環境差に危機感を持っていたんですが、環境を変えるためにはそこに関係する人々がそれぞれ認知しないと難しいのかなと。

フツーの人がフツーにPCを

PCの裏側を開けてこつこつパーツを差し込んだりするのがPCを使える人ではなくて、誰でもがPCを使っていいんだよになる必要がありそうだなと。ボクみたいにPC使って当たり前の都市からきて、PCが好きで興味ありすぎさんが「便利ですよ」といってもイカンのかもしれないですね。なんか面倒くさいし回り道のようだけど、急がば周れなのかもなと。。。地方だとスマホの方が入り口としては早いのかもしれないですね。

社会との接点を

高校生が進路選択するうえで、多くの社会人から話を聞けないことがとても不思議なことだと感じていました。また、学校の中で教員になりたいって言われても、進路選択ぐらいしか伝えない感じも変だなと。どの大人にだって、社会に出るまでの道筋にはたくさんの心の揺れなどがあるはずなのに、話してもらえる機会もないし、アドバイス的なものもなく、機会損失してるんじゃないのかなと。

さらには、地方に行くほど、会える大人の数やヴァリエーションも少なく、意図的に話す場が必要なんだろうなと。そんなことを思っていたときに、前回のイベント同様に、KSBさんから機会をいただき、高校生と社会人が話す場を設けました。

高校生はちゃんと対話できる

やりたいことを各自が紹介し、高校生たちの意図をくみながら、彼らがホントにしたいことはなんだろうかと掘り下げていく対話をしました。「小説家になりたい」のであれば、「その背景には何があるのか」や「実際に書いてみて投稿するツールがある」とか「表現をして稼ぐには」とか学校の中では得られない視点づくりをする形です。彼らが言葉にしているなりたいものなのかを、本当にそうなのか、狭い範囲で絞りこむのではなく広げていければいいなということを意識して場の設計をしていました。「やりたいことの幅がひろがった」っていう感想が上がっていたので、来てくれた高校生たちにはよかったんだろうなと。

学校で言えば先生世代の大人側がやさしく対話してくれることや、みんなのやりたいことを受け入れてくれることを経験することで、どんどん打ち解けて話していく様子を見ると、「場」を設けるだけで彼らは成長するんだろうなという感覚は得られました。感覚でしかないので、こういったことのエビデンスとか取っていくといいのかもしれないですね。

http://htus.jp/2019/08/ksb-high-school-talk-day/?fbclid=IwAR2ERoOro2jNO9hKxn82N1OYtGCZH-2QjiXXaOIdVB62kg8A0RwO-8J3HgA

学校ではない場に高校生を集めるには

学校ではない場に高校生(中学生でもいいんですが)に来てもらう部分での設計が難しいですね。特に地方だと彼らが動ける範囲が限られていて、蔦屋書店に初めて来たみたいな感じの意見もあったなと。大人も彼らも一緒に気軽に対話できる場の環境設定は今回のイベントでできそうだなとも思えたんですが、どうやったら集まってもらえるのかは考える必要がありそうです。学校ではない場にこだわるのは、気負わずに自由に話せる環境を提供したいということもあるので、そのあたりもう少し考えないとですね。何かいいアイデア浮かべばいいのですが…

教員だってただの人

また、更新に間を空けてしまいました。

文章化をすることをしないといけないと生徒たちに言いつつも、自分が手抜きをしてしまうので、よくないなと……まずは自分で実践いたします。書く時間を決めちゃえばいいだけなんだろうけど。

イベントのコーディネーターを依頼されていました

という、保護者と教職員が気軽に話せる場をコーディネートする役割をさせてもらいました。保護者との対話が教員には少ないと感じていて、面談や懇親会の場で、話さなきゃいけないことに追われて話す機会しかなく……担任ではないと保護者と話すことないですし、でも、ホントは自由に教育について意見交換していいと思うんですよね。子どものために。

いま、教育が変わろうとしているときに、保護者の方にきちんとお話することができていない。ホントはこうしたらいいんじゃないかと思っているけど保護者の方の意見をざっくばらんに聞くことが教員側もできていない。お互いに形式的なコミュニケーションで消化不良なのではないかと感じていて、これを解消するために、少しでも歩み寄って話す場ができるのではないかということから、この会の開催となりました。

いろいろと反応が

学校の枠を越えて教職員側も何名か集まっていただけ、いろんな様子を保護者側に伝えることができたんだろうと感じています。先生側の悩みだったり、保護者サイドの問題点や教員サイドの問題点が浮き上がってきたり、解決にはならないけど、こうして共有化することで、解決の糸口をつくるキッカケにはなるんじゃないかと感じました。

担任の在り方については厳しめな意見もあって、これって誰得な制度なのかと考えさせられることも。「あたり・はずれ」となってしまうのは、担任を決めてしまうからであり、担任を決めることにより、 「あたり・はずれ」 が付きまとうことをわかっていながら学校は何故してしまうんだろうか……多様化している社会において、1人の教員が見守りきれる問題を越えているんじゃないのか。そういった事例を聞くと、考え直さないといけないのではと心から思うわけです。

多くの学校の中では「担任を持つことで教員としての成長が」という意見をチラホラ耳にします。その部分は否定しません。(自分は企業での与えられた役割で成長したことを実感していますし、学校で担任したときも生徒に成長させられた実感は強くあります)ただし、On the Job Training と言うよりも任せっきりであることも少なくないので、生徒をまとめる部分での力量が届いていない教員が、単純に「はずれ」評価になってしまうのは、教育機関としてどうなんだろうかと。保護者側も言いたくないけど「はずれ」と表現せざるを得ない場合にあったときは、どーしよーもなく無力なのだと。だから「はずれ」という表現になってしまう。教員側も保護者側もわかっているはずなのに、言えないし、歩み寄れない不思議な部分だなと。チームで多くの生徒を見守る形に変えることで、お互いが、win-winになれるんだという感触を得られました。わたしみたいな「緩衝材」的な役割が学校に必要なのでは?と保護者側から言われたことは素直にうれしかったですね。クッションとかバッファとか、そんなイメージなんだろうか。

取材もされ……

読売新聞さんから前日に取材依頼があり、地方面の「うちのセンセイ」に記事を掲載したいとのこと。子どもと社会をつなぐというフレーズで紹介していただきました。記事(文章)にしてもらうと、また違った側面から自分を見ることができますね。「生徒や保護者の悩みを聞き、一緒に学んでいける教師でありたい」は言い続けている気がします。学びの主体は生徒であり、それを支えるのが保護者であると思っているし、教員ができることは限られているのだと。その限られた中でしか動けない中で、できることを見つけることが教員として必要なんだと。教員だって、ただの人です。保護者な立場もあります。その中で、できることをすることが仕事だと。そうやって言葉にすることで、ちゃんとやるべきことが見えてくるはずだと。