誰に気づかせるのか

GEG Kochi のGoogle認定イノベータープログラム報告会に行ってきました。愛媛から参加された先生による高知での報告会。報告会の内容は、ちょっと置いといて、ふと思ったことをいくつか。

地方こそICTを

これ、ホントに感じています。物理的な距離を無効かできるツールであるのに、使えない状況が多いわけで。先日、都内の某社で行われた Maker教育やSTEAM教育の交流会に行ってきたんですが、そこでも同じことを言われました。なぜ、地方の学校こそ使わないのだと。

使う必要性を認知できていない

これは、地方と都市部を行き来して感じてきていることですが、地方だとPC使えなくても仕事できちゃうケースが多いんですよね。都市部だと使えないと仕事できない人扱いされますので。何をするにしてもPCスキルは必要……というよりもスライド作ってプレゼンすることはどこかで必要に迫られることなんだろうなと。地方はできなくても大丈夫案件が多い。だから使う必要性をいまだ認知できずの環境なのかなと。

生徒の周囲環境として、PC使える人(素早くタイピングできるとか、簡易資料を素早く作成できるレベルのことです)がフツーにいるのか、珍しい存在であるのか。そのあたりは、見えてない環境差なのかと感じています。「あー、あれフツーに便利に使えるし、簡単じゃないか」と思える環境なのか「特殊な人が使っている珍しいものではないか」と誤認してしまう環境なのか。

だからこそ「怖い」と感じる

都市部の人は使ってフツーなんですよ。そこから先に、何ができるかの世の中です。目に見えない部分で「ひのきの棒」を装備してるのか「はがねの剣」を装備しているのかの違いが出ている気がしてます。装備が見えていないから成績が同じように見えても、ステータスのパラメーターが違ってたりするんじゃないかと。全力出して成績が同じぐらいに見えてんだけど、実は相手は6割ぐらいの力しか出してなかった成績と比較してたような感じで。しかし、そこに気づいていないのではなかろうかと。先生も生徒たちも。ここはエビデンス見つけたいところだけど。

学校は誰のもの?

ある参加者が「学校は、生徒が顧客で、先生がそこに属する労働者」という視点を投げかけてくれたときに、自分のスタンスが生徒の方ばかり向いていたので、ちょっと立ち止まって考えています。学校の枠組みで考えるとき、誰の方向へアプローチする選択肢があるのかと。

会社は、出資者(株主)がいて、それに対しては成果を見せないといけない。利益という成果であれば、顧客から売り上げを、労働者は工夫して利益率を。簡単にいうとこんな感じになるのかな。

学校だと、顧客は生徒(もしくは保護者)であり、労働者は教職員、出資者は誰になるんですかね。公立だと自治体、私立は理事会か。

学校の枠組みで考えると、登場するのは「生徒(保護者)」「教職員」「自治体(=地域の人)・理事会」ぐらいに分けられるのかなと。

ということは、ICTが必要であることを気づかせるためには、これらの人たちにそれぞれアプローチをする必要があるのかもしれないなと。ボクの中では、生徒が気づいていない環境差に危機感を持っていたんですが、環境を変えるためにはそこに関係する人々がそれぞれ認知しないと難しいのかなと。

フツーの人がフツーにPCを

PCの裏側を開けてこつこつパーツを差し込んだりするのがPCを使える人ではなくて、誰でもがPCを使っていいんだよになる必要がありそうだなと。ボクみたいにPC使って当たり前の都市からきて、PCが好きで興味ありすぎさんが「便利ですよ」といってもイカンのかもしれないですね。なんか面倒くさいし回り道のようだけど、急がば周れなのかもなと。。。地方だとスマホの方が入り口としては早いのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です