親友のこと

HeroMakersに参加したときに、「哀」について思い出して共有する機会があった。その後も、この件について引き出しが開いて、自分のやりたいことに1つの欠片はこの件によるもんなんだろうと感じたので、ちょっと書いておきます。忘れないためにも。ここで文字にしておこうかなと。

大親友なヤツがいた

中高一貫校育ちだったので、長い付き合いの友達がおります(高知に移住したもんだから、みなさんと疎遠ですけど)。そんな中でも、ボクといつもセットでいたと思ってもらえてる親友がおりました。変に熱血感のあった彼が。

高校卒業してから、大学進学して、ボクは講師したり予備校講師をしたりして、ノホホンな生活をしてました。彼は大学院を卒業して、新卒で某企業に勤めることになって、新規事業である実験教室に配属って流れになって。んでもって、彼は人を理科の詳しいヤツを探していて、白羽の矢をくれたわけ。んでもって、そこにjoinすることになって、同僚として働いてました。気が合うし、ちょっと無理しちゃったりして叱られたりもしたけど、気の知れた彼がいたからシンドイことも向き合えたのかなと。今思えばだけど。

軽い感じでの報告

企業に勤めてたら、健康診断とかあるわけで、彼はその何かの数値が異常値だったわけです。で、他にもちょっと変だなーってところがあったみたいで、上司から「明日、病院行ってこいって言われたから行ってくるわー」って感じだった。で、次の日、休みの彼から外線が掛かってきて、「いま、病院。緊急入院しなきゃいけなくなった。あとよろしく」みたいな感じ。たぶん、上司への連絡より先に電話くれたんだと思う。頼りにしてたのがポッカリ空いちゃったんだけど、まぁ、なんとかやりくりして。で、彼の受け持ってた教室へ異動してってことになって、彼の幻影と戦う毎日。(胸やけするぐらい)熱い彼だったので、子どもたちからも保護者からも信頼が厚いわけで。とにかく、対話して「彼とは違うけど、意志は同じ方向のボク」を理解してもらうのに必死だったかな。でも、今思えば辞めちゃった子もいたんだろうな。最低限での信頼は得られたと思うけど。

関わり方は変えられないよ

で、何年か経過して、だいぶいい方向に向かってきた様子だったので、入院先に押し掛けることに。あえて彼の31歳の誕生日に。「アラサー男子が誕生日に押し掛けてごめんよー」って感じで、男子校のころを思い出してどーしよーもない話をしてたり、震災の後だったから、病院すげー揺れたんだよね?どうだったん?とか不謹慎とか言われちゃうようなことも話してたっけ。あっというま。2時間ぐらいただ話してた。退院できそうってことだったから、退院してきたら教室に来て2人で子どもたちの前に立ってサプライズしないとねーって軽い気持ちで言ってた。夏には退院して、スタッフには会いに来てくれて、でも再発して、秋口には悪化して。もうこれはダメかもって連絡がきて、最後に会いに来てほしいって連絡があって、職場のメンツで押し掛けて、うなずくしかできなくなってる彼のを握りながら「オレの手じゃなくて、かわいい後輩の柔らかい手がいいじゃろ?」って。ちょっと笑ってくれたよね。ボクはそう信じてる。記憶の中で覚えてる彼に伝えた最後の言葉。減らず口たたけるのもこれが最後なんだろうなって覚悟してたし、いつもそんな感じだったじゃん。「最後のわがまま、許して」って。

その1週間後。土曜日だったかな。ホントは有給休暇とる予定だった。同級生の結婚式に列席するために。ほかのメンバーの関係もあって、午前だけ実験教室の実習に行くことになった土曜日。彼が最初にいた教室。朝8時半から勤務。その前にマクドナルドで朝マックしてた8時ごろ、彼のお父さんから訃報のメール。不思議と涙が出なかったんだよね。出せなかったのか。彼のこと知ってるスタッフがいたし、この件は今日が終わってから伝えようって上司にも相談して、何もなかったかのように実習してた。「キミならできるよね」ってことでしょ。試練ってやつでしょ、知ってた。だからやってた。そのあと、同級生の披露宴の余興で歌ってたし、二次会の乾杯の挨拶もしてた。涙なんか流さずに。でっかいお返しくれたんでしょ。そのあとのことはよく覚えてない。次の日も実習があった気がする。彼が立ち上げた教室で。スタッフは朝から泣きそうだったけど「彼はそんなやつじゃないからさ」って気持ちを押し殺して。で、先に彼の待ってるところに行かせてもらって、長い時間、ボクから一方的に話してたっけ。闘病中の話なんて1つも教えてくれなかったから、彼の家族からいろいろ聞かせてもらった。ずるいよね。でも、カッコつけてたからそれでよかったのか。

で、毎年、思い出しては少し涙して、「あー、声が聴きたいなー」とか「すげー愚痴言いたいんだけど」って思ってて、タイミングがあうと夢の中に出てきてくれるんだよね。最近出てこないけど。

「やる」ってことだね

で、HeroMakersに参加して「哀」のトピックスで思い出しちゃうわけ。で、彼のやってた保護者との距離感とか思い出しちゃうわけ。いいやつだな。やれってことでしょ。子どもの学ぶ環境を整えるためにも保護者ともコミュニケーション取れってことでしょ。あんときから笑い話で「2人で、寺子屋みたいなの作りたいよね」って言ってたもんね。あのニュアンスって、彼らの学べる環境を作りたいってことでしょ。遅くなったけど、やっと思い出せた。あのとき、2人で学校の外から見てた学びの環境の足りてないなーって感じた部分を補う何かを、だいぶ遅れちゃったんだけど、ちょっとずつだけどやっていくよ。保護者も含めて子どもを学びにつなげていく感じ。忘れてたわけじゃないんだけど、子どものこと全力で考えてた彼もボクもきっと大切にしてたことをもう一度認識しておくね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です