Most Likely To Succeed 自主上映会 in 高知を行います

Most Likely To Succeedって

https://teddintersmith.com/mltsfilm/

Most Likely To Succeed (MLTS)は「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについての映画です。内容は、米国のカリフォルニア州にある High Tech High というチャータースクールに通う二人の高校1年生の成長を追いかける過程で、日本と同様な受験偏重型教育と、生きる力を身につける実践的な教育のバランスをどう考えるかなど、国は違えど似た状況も多く、教育を取り囲む様々な視点について考えさせられる作品なんです。

高校1年生が登場するんですけど、最初は「日本の高校生と似てるなー」って印象。それが、1年で・・・まぁ、変わる変わる。同じ人物なのかってぐらいの変容。特に、何かを教員がしているわけではないんだけど、変わる。

次年度から始まる教育改革

10年に1度、教育指導要領が改訂されるんです。小学校は次年度より大きく変化します。小学校3年生から英語科とかプログラミングが始まるとか。それの根っこの部分が、このMLTSで取り上げられている部分にあるのかなと感じます。子どもが自分らしくあるというか、自分は何者でありたいのかを問いかける教育を行っていきましょうと。話題に上がっている、英語の4技能とか、数学国語の記述問題とかも、本来はここが根っこなんだとボクは感じています。

同時に、学校がちゃんと学校本来の姿として機能することを求められています。学校がどのような教育を行うのかを各学校で定めて取り組んでいくようにという、当たり前のようで忘れられていることを見つめ直す機会でもあります。

STEAMとかPBLとか何?

Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、 Art(芸術) 、Mathematics(数学)のSTEAM教育とか、Project Based LearningのPBLとか教育界隈ではホットなキーワードとなっております。これって何?という保護者の方(教育界隈の方も?!)に、わかりやすく、そして必要であるということに直感的に気づける内容でもあります。そんな方にもぜひ見ていただきたいわけです。

そんなに教育って変わらなきゃいけないの?

情報は指数関数的に増加しています。ここ2年間で世の中の9割の情報が生まれているとも言われています。ということは、高校1年生が3年生になるときには、現存する情報の9倍の情報が高校卒業時までに生み出されるという予想ができます。これだけ情報が多様化している中で、教員にできること(するべきこと)は変えていかないといけません。未来を生きる子どもたちに必要なものを昔の何かにすがっていては彼らが不利益をこうむります。しかし、学校を取り巻く「何か」が影響して大人も子どもも袋小路に迷い込んでいるのが現状であると感じています。あるがままの子どもの可能性を見つめ直す材料としてのMLTSなので、多くの教育に関わる人に(教員だけじゃなく、保護者にも)見てもらいたいと思っていたので、高知で見る機会を作ってみようと思い立ち自主上映会をFutureEdu Tokyo様との共催で開催することにいたしました。

12/14に上映会を高知市で行います

もしお近くにお住まいで、興味がありましたら、ご参加ください。

Most Likely to Succeed 自主上映会 in 高知|EventRegist(イベントレジスト)

エイチタス高知支社 (ガイアビル4階, はりまや町3-3-3, 高知市, 高知県, Japan) [主催] Tosa Educator’s Guild(とさエデュ) 新着情報 以外の方法での支払いをご希望の方は事前にご相談ください。 高知での多くの教育ステークホルダーに見てもらい、ワイ ワイと対話して、これからの教育に必要なものを考えるき っかけにづくりを目的としています。 開場 :13:30上映 :14:00~15:30座談会:15:40~17:00 チケットをEventRegistのシステム連絡先: info@tosa-edu.com 【STEAMとかPBLって?の方はこちらを】 Facebookコメント 開催場所 エイチタス高知支社 高知県 高知市 はりまや町3-3-3 ガイアビル4階 主催者情報

この日には日程が合わないんだけど、ぜひ別の機会を作ってほしいということがありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です