教員だってただの人

また、更新に間を空けてしまいました。

文章化をすることをしないといけないと生徒たちに言いつつも、自分が手抜きをしてしまうので、よくないなと……まずは自分で実践いたします。書く時間を決めちゃえばいいだけなんだろうけど。

イベントのコーディネーターを依頼されていました

という、保護者と教職員が気軽に話せる場をコーディネートする役割をさせてもらいました。保護者との対話が教員には少ないと感じていて、面談や懇親会の場で、話さなきゃいけないことに追われて話す機会しかなく……担任ではないと保護者と話すことないですし、でも、ホントは自由に教育について意見交換していいと思うんですよね。子どものために。

いま、教育が変わろうとしているときに、保護者の方にきちんとお話することができていない。ホントはこうしたらいいんじゃないかと思っているけど保護者の方の意見をざっくばらんに聞くことが教員側もできていない。お互いに形式的なコミュニケーションで消化不良なのではないかと感じていて、これを解消するために、少しでも歩み寄って話す場ができるのではないかということから、この会の開催となりました。

いろいろと反応が

学校の枠を越えて教職員側も何名か集まっていただけ、いろんな様子を保護者側に伝えることができたんだろうと感じています。先生側の悩みだったり、保護者サイドの問題点や教員サイドの問題点が浮き上がってきたり、解決にはならないけど、こうして共有化することで、解決の糸口をつくるキッカケにはなるんじゃないかと感じました。

担任の在り方については厳しめな意見もあって、これって誰得な制度なのかと考えさせられることも。「あたり・はずれ」となってしまうのは、担任を決めてしまうからであり、担任を決めることにより、 「あたり・はずれ」 が付きまとうことをわかっていながら学校は何故してしまうんだろうか……多様化している社会において、1人の教員が見守りきれる問題を越えているんじゃないのか。そういった事例を聞くと、考え直さないといけないのではと心から思うわけです。

多くの学校の中では「担任を持つことで教員としての成長が」という意見をチラホラ耳にします。その部分は否定しません。(自分は企業での与えられた役割で成長したことを実感していますし、学校で担任したときも生徒に成長させられた実感は強くあります)ただし、On the Job Training と言うよりも任せっきりであることも少なくないので、生徒をまとめる部分での力量が届いていない教員が、単純に「はずれ」評価になってしまうのは、教育機関としてどうなんだろうかと。保護者側も言いたくないけど「はずれ」と表現せざるを得ない場合にあったときは、どーしよーもなく無力なのだと。だから「はずれ」という表現になってしまう。教員側も保護者側もわかっているはずなのに、言えないし、歩み寄れない不思議な部分だなと。チームで多くの生徒を見守る形に変えることで、お互いが、win-winになれるんだという感触を得られました。わたしみたいな「緩衝材」的な役割が学校に必要なのでは?と保護者側から言われたことは素直にうれしかったですね。クッションとかバッファとか、そんなイメージなんだろうか。

取材もされ……

読売新聞さんから前日に取材依頼があり、地方面の「うちのセンセイ」に記事を掲載したいとのこと。子どもと社会をつなぐというフレーズで紹介していただきました。記事(文章)にしてもらうと、また違った側面から自分を見ることができますね。「生徒や保護者の悩みを聞き、一緒に学んでいける教師でありたい」は言い続けている気がします。学びの主体は生徒であり、それを支えるのが保護者であると思っているし、教員ができることは限られているのだと。その限られた中でしか動けない中で、できることを見つけることが教員として必要なんだと。教員だって、ただの人です。保護者な立場もあります。その中で、できることをすることが仕事だと。そうやって言葉にすることで、ちゃんとやるべきことが見えてくるはずだと。

しゃべってきた@こうち100人カイギ

100人カイギってものご存じでしょうか。高知でも蔦屋書店3階のKochi Startup Base にて月1度のペースで行われており、そこで話してきたので、備忘録として(リフレクションも混みで)

教師のボクが外で話すわけ

まずは、授業のスタンスを知ってもらうために

授業の中でよく行っている、「単位の定義を考えてもらうこと」について紹介しました。1メートルの定義は決められているんですが、その正解を答えたところで生活の役に立つわけでもなく、それから自分の生活の中では何に相当するのかを考えてもらえたらなと。ボクのあとに登壇された、三味線演奏・指導家の方から「三味線の長さがだいたい1メートルですよ」と紹介されたのは、自分にとって参考になりました。そうやって、自分事としてとらえることが大切なのだと会場にいた方に気づいてもらえたらうれしいなと。

一応、答え的なものです。最近は3億分の1秒で光の進む速さと伝えたあとに、1秒で3億メートル進むんで、地球7周半(30万キロメートル)ですよ。子どものころ言ったことだか、聞いたことだかあるでしょ?と生徒たちに伝えています。あー、あれホントなんだというフックを作ってもらえたらいいなと。

探究活動に取り組まないといけない学校の悩みごとについて紹介。本当に社会の要請を受け、こう変わろうとしている(変えなきゃいけないと考えている)文科省の意識と、それに戸惑っている学校側のことを伝えたかったわけです。これまでは「1メートルの定義は○○で」と覚えるんだ、としていたことから、「自らの1メートルは何なのか」の問いを立て考えるようにシフトチェンジしないといけないんですよ。でも、ボクみたいな先生ってあまり見たことないですよね。ってことは、教員ってこんな教え方に慣れていないんです。でも待ったなしで改革は始まるわけです。だから学校側も大変なんですと。

だからこそ、教員や学校だけで抱えるは難しいすぎる課題なのだと知ってもらいたかったわけで。自宅でも家族が「私の1メートルっていうのはこう思うよ」と対話してもらえるだけで、子どもの学びのスタンスは変わると思うんです。学校のことだけ聞いてればいい社会ではなく、いろんな解釈があることを容認する社会であるべきだし、個々の考えを述べて「自分はどうするか・何ができるか」を考えて実行しないと、これから人手不足が加速していく日本は窮地に追い込まれるわけで。教員のできる教科教育はこれからも取り組んでいけますけど、多様化される社会で生活していく子どもへの個々の問いかけや、多様な生活へのアプローチなんかは、教員の手だけでは到底足りないわけです。ほんの少しでいいから教育に参加してもらえると、教育の立場にいる側は助かるし、協力し合うべきだと感じているわけです。

企業で実験教室の運営をしていたときも、バックヤードのスタッフが支えてくれていたし、だからこそ保護者と密に対話ができ、子どもの教育に携わる家族の方と協力し合う関係が取れてよかったなーと振り返ると感じるわけです。でも、学校だとなかなか難しいこともあるなと。

教員の立場の自分が学校の外で「学校もなかなか大変だし、でもやれることもたくさんあります」とオープンに伝えて社会との関係性を構築することで、何かが変わればいいと思っているから飛び出してきていることが伝わったらいいなと。そして、いろんなアイデアを学校に持ち帰ることができればありがたいことですし、ボクが教育の立場にいる人として話せることが提供できるのなら、それは遠慮なく使ってもらえたらいいなと。

と、いうことが伝えたかったのですが、慌てたので最期が尻すぼみだったなと。

その後の話で気づかされたこと

教員の立場だけしか生徒が見ていなければ、身近な大人としてあまり興味がわかないだろうと。外に出て教員ではない「何か」をすることで、大人って「こんなこともできるんだ」という目でも見てくれるのだろうと。そして大人として興味を持ってもらえるのかもなと。

あと、「進学に力を入れている学校で、どうして?」と学生から聞かれましたが、「授業中だけ考えるのではなく四六時中考えることができれば、結果として学びが深まるからだ」と。1メートルが気になって、ふとした瞬間毎に考えてくれたら、自分の解釈が深まるだろうなと信じていますし、自分がそうだったから。とも。そういったモヤモヤやら気づきのフックをたくさん子どもに提供することがこれからの教育には必要だと思うし、ボクは子どもたちに「考える人」になってもらえたらなと考えています。

やっぱり場を作りたい!

教え子が保護者と参加していて、「来てみて、いろんな人と話ができて楽しかった」と正直な感想を述べていました。学校外に高校生のための大人と話す場って必要だなって改めて感じさせられました。

あと、子育てをされている大人側の意見として、もっとざっくばらんに教員と話しをしてみたいと。ふと考えると、教員と話す場って学校の中でしかないですもんね。学校の外で、子どもの教育について大人と教員が話す場ってものも必要なんじゃないのかと改めて考えさせられました。やれるように考えないとですね。