学校の教員でありながら、学校の枠を越えて、コミュニティの管理運営をしたり、コワーキングスペースを活用して、会いに来てくれる方々と対話をする『会いに行けるセンセイ』という活動行っている『のざたん』が、ゆるやかに自由な学びの在り方や、教育事情についてお話します。

以下のプラットフォームで配信中

Anchor : https://anchor.fm/nozatan530
Spotify : https://open.spotify.com/show/3XogMhNoyFPq7PtdaisuVl
Apple : https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1539671588
Google : https://podcasts.google.com/feed/aHR0cHM6Ly9hbmNob3IuZm0vcy8zZjRmMDYwYy9wb2RjYXN0L3Jzcw==

61 質量と重さは違うものを示しています 会いに行けるセンセイPodcast

科学を教える立場でもあるので、一番悩ましいところが言葉の定義です。「質量」と「重さ」というものの意味は異なるのですが、実生活では混ぜて利用しています。丁寧に使い分けることができるだけで、理解が進むのですが、違いを説明できますか? — Send in a voice message: https://anchor.fm/nozatan530/message
  1. 61 質量と重さは違うものを示しています
  2. 60 ニオイとクサイで気になること
  3. 59 解剖やDNA操作を高校生が経験することについて
  4. 58 声をかけてもらえるありがたさ
  5. 57 新型コロナワクチンの接種で感じたことについて
  6. 56 ことばゼミの活動について
  7. 55 セロハンはプラスチックと言うよりも紙に近い素材という話
  8. 54 学校によって試験の扱い方が異なり変化しつつある件
  9. 53 会いに行けるセンセイのコンセプト誕生から1年が経ったようです
  10. 52 距離が離れていても話し合える関係性